• HOME

LastUpdate:2017/11/25

メイクで年齢を多少誤魔化すことはできます

メイクで年齢を多少誤魔化すことはできますが、肌は誤魔化しが効かない、と感じています。

特にわかりやすいところは目の下でシワも増える一方ですし、クマもずっと離れませんので、年齢が上がるに従って、ここの部位に悩む人は増えるようです。

それから、肌のハリ、ツヤが年を取るに従って少しずつ失われると、これがもれなくシワとして表れてきます。

顔に限定してみますと、一体どこのシワで多くの人が悩んでいるかというと目尻や目の下など目の周りや、眉間、ほうれい線などが多いようです。たとえば、同じくらいの紫外線を浴びたとしても、その結果、肌にできてしまうシミはその人の肌の性質によって違います。簡単にいえば、シミになりやすい性質の肌が存在しています。

詳しく言いますと、白くてきめの細かい肌質の事です。

どう見分ければいいかというと、日焼けした時に黒く焼けるのではなく、赤く残ってしまう人がそのタイプに該当します。

白くきめの細かい肌は美しいですが、それだけ繊細なんですね。よく若い人にありがちですが、あまり自分の肌に頓着せず肌のケアをほぼ放棄して、若いうちは何もしなくても大丈夫、なんて思ってはいませんか?でも、20代の肌だからといって、シワができないなんてことはありません。シワが発生する原因としては肌が受けてしまう、紫外線や乾燥などによる損傷なのですが、それらのダメージが一日一日と積み重なってじわじわと肌に影響を与えます。そういう訳ですから、ハリのある瑞々しい肌を維持したいのなら、20代であっても、日々のスキンケアを行なうべきなのです。しわ取りテープは一部で大変人気のようですが、ご存知でしょうか。

貼るだけで顏のしわを取ってくれるしわ取りテープは、少し前にテレビでコスメやその関連に詳しいという芸能人により紹介されており、その人自身も愛用しているということした。

顔の取りたいシワにテープを貼るだけなので、使い方は簡単でした。貼りつけている間は引き締まった気がして、いい感じらしいのですが、長時間貼り続けていると肌によくないらしく、貼りつけた部位が赤くなったり、荒れてしまったりすることもあるようです。

しわ取りテープを使ってみたら次々トラブルに見舞われた!などということになるのは困りますから、正しく使用してください。

みかんはビタミンの含有量がとても多く、新陳代謝を高め、お肌にシミができるのを防ぐために食べてほしいものの一つです。

みかんを食べるときには、タイミングに注意してください。朝食でみかんを食べてから紫外線を浴びると、柑橘類に多く含まれるソラレンという成分が光や紫外線によって活性化し、紫外線への感受性を高めて、お肌のためには逆効果になってしまいます。美肌やシミ予防を考えて、みかんを食べるのは朝より夜、といえます。紫外線やターンオーバーの乱れなどが、肌のくすみに影響するという専門家もいます。お肌の不調を本来の調子に戻してくれるものにアロマオイルがあるようです。

特に、新陳代謝を上げて肌を生まれ変わらせてくれるネロリや、血液の循環をよくしてくれるゼラニウムなどは、くすみに最適です。マッサージに活用してみてもよいでしょうし、数滴をスチームの容器にたらしてみて利用するのも一つの手段です。

時々、「美肌のために、タバコは厳禁!」ということをよく聞きますが、それは美白も同じです。

もしあなたが、白い肌を目指したいのなら、タバコは今すぐ止めるべきです。

タバコのいけない理由として一番に挙げられているのが、ビタミンCの破壊です。タバコを吸ってしまうと、美白に重要なビタミンがなくなってしまいます。肌のシミ対策として有効なのは、パックすることです。美白成分の他にも、保湿成分などを贅沢にしみこませているシートマスクでパックすれば、メラニンの生成を制御してくれて、透き通るような肌にしてくれるでしょう。

思わず日焼けした時などに大変有効で、帰宅後、すぐにでも、がっちりケアすれば、シミが予防できます。少し前にガングロが流行りましたが、最近になって再び、ブームが起こりそうな気配です。数あるスタイルの一つとしてなじんできたのかもしれませんが、どうも引っかかるのはお肌のシミです。大丈夫という人もいるかもしれませんが、ある程度ガングロを続けてからガングロを卒業した場合、シミがガングロではなかった人よりも多く目につきやすくなると言えるでしょう。毎日仕事仕事で過ぎていき、気が付いてみるとアラサーになっていました。

そんなある日、鏡をのぞいて自分の肌の汚さにびっくりしてしまいました。

鏡の中から、くっきりしたクマと細かいシワに顔を覆われた自分の顏が見返してきました。

どれだけ自分が疲れ果てているのか、突きつけられた気がしました。こんなことがあってから、私は決めたことがあります。

どれ程疲れ切って家に帰ってきたとしても洗顔をはじめ意地でもしっかり一通りのケアを終わらせて自分の肌を保護しよう、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。色々な人を見て、個人的に実感してることですが、顏のシワがはっきりしてくるのはだいたい38歳くらいかなと思っています。このくらいの年齢になると、本当に身体の疲れがなかなか取れないことを自覚するようになりますし、目の下からどいてくれないクマや、見たくもないほうれい線が激しく存在アピールを始めるようになります。

38歳以前だと、肌のコンディションが最低レベルになっていても、ちょっとしたケアをしてあげれば次の日の朝にはすぐに復活を果たしていたはずでしたが、38歳を過ぎたら肌がいい状態に戻るのに、少し時間がかかるようになり、疲れが残った状態が続いてしまっているのです。

スキンケア家電が実は評判になっているんです。時間に余裕がある時いつでも自分の家で、エステティックサロンで体験するフェイシャルコースと同様にお肌の手入れが可能なのですから、皆が手に入れたがるのも理解できます。入手したのは良いものの毎回使うことが億劫になってしまうことだってあります。すぐさま手に入れようとするのではなく、どういう使い方があるのか、自分の性格にあっているのかも後悔しないよう、しっかりと前もって検討してくださいね。

正しいスキンケアを行うには自分の肌の状態を理解し、方法を使い分けることが大切です。

かわらない方法で毎日の、「おなじでもきっと大丈夫」とスキンケアをしていれば自分のお肌にとって最良の方法ではないのです。今日は乾燥ぎみかな?と思えばたっぷりと保湿をしてあげたり刺激の弱いケアを生理前にはおこない、強い刺激を避けるというように変化させていくことが必要なのです。また、四季折々に合わせてケアも変化させてあげることでお肌もきっと喜ぶでしょう。

皮膚のかゆみをがまんできずに何度も強く掻いたり、風邪や花粉症の症状がある時に鼻を何度もかむと、そういったことでも肌は薄くなっていくそうです。

肌の構造をみてみると、一番外側にあって私たちが目にしているのが表皮であり、これはとても薄い層がいくつも重なってできており、引っ掻いたり擦ったりすると、薄い層はどんどん減っていくのです。表皮は皮膚のバリアという大事な役目がありますが、これが薄くなってくるとそのすぐ下の真皮まで損傷が及ぶ可能性が大きくなってくるのです。真皮までダメージを受けてしまうと、真皮は肌を支える力を失って、それでシワやたるみが起こるのです。肌が薄いとされる人の場合、シワが作られやすいようになっているという話を、聞いたことはないでしょうか。シワができやすい自覚のある人は肌を見て、チェックしてみましょう。血管が青く透けて見えるような人は気を付けたいです。

どうして皮膚が薄いとシワになるかと言いますと肌が充分に水分を蓄えておくことができません。

そのため、肌のハリが失われて、そうすると肌がしぼみ、シワがよります。

肌は、年々薄くなっていくのが普通ですから、肌の状態には気を付けた方が良いでしょう。

もし肌荒れに対処する場合には、セラミドを摂取するようになさってみてください。セラミドという物質は角質層の細胞の間で水分や油分と共にある「細胞間脂質」のことです。角質層は何層もの角質細胞から構成されていて、このセラミドが細胞間を糊のように結合しています。

皮膚の表面の健康を保持する防護壁のような機能もあるため、足りなくなると肌荒れするのです。

日々の飲み物でシミ対策したい方にオススメなのが体によいスペシャルドリンクとも言えるローズヒップティーでしょう。

同じくビタミンCが豊富なことで知られるレモンと比べ、約20倍越えのたっぷりのビタミンCが摂取できる飲み物で体の中から退治したいメラニンに効き、様々な要因で傷ついてしまいやすいコラーゲンの生成を助けてくれるので、紫外線で疲れた肌を元気にし、肌に輝きを取り戻してくれるのです。抗酸化作用にも優れており、若返りにもいいかもしれません。

肌のシミは、セルフケアによってもある程度の改善が期待できます。

しかし、シミを全く無かったかのように消してしまうことは困難でしょう。

ですが、あきらめる必要はありません。

美容外科であれば奇麗に消すことが出来ます。

シミの改善に悩んでいたら、一度、美容外科で相談してみてはいかがでしょうか。

クリニックによっては、カウンセリングを無料で受け付けている事もあります。

関連記事

メニュー