• HOME

LastUpdate:2017/11/25

洗顔を終わらせた、その後の10秒間は

洗顔を終わらせた、その後の10秒間は肌にとっては特別大事な時間になります。

毎日のお風呂の後、シャワーを使ってさっぱりした後、しっかり洗顔を終えた直後の肌は、乾ききった砂漠のような状態だと考えてください。短いけれど、大切なこの10秒間に何もしない、というのはただただ勿体ないことですし、貴重な時間を無駄にしているのですから、それも肌へのダメージではないでしょうか。洗顔したら、手早くタオルで水気をとって肌にたっぷりと化粧水を吸わせてあげてほしいです。「ポリフェノール」は美肌効果をもたらす成分として、注目されています。その一番のメリットは、抗酸化作用になります。

活性酸素の働きを抑えることで、シミ防止にもなりますし、悩んでいたシミにも消していってくれます。

こんな文句なしの効果がある効果が期待できるポリフェノールですけれども、効果を体の中で発揮するのはおよそ3時間という短い時間。

なので、美肌作りのために常に意識しながら生活するといいですね。

仕事と生活に精一杯のアラサーです。

毎日クタクタになってそれでも仕事をしていますが、ある日、鏡をのぞいて自分の肌の汚さにひっくり返りそうになったのです。

目のくま、ホウレイ線!無理をして、溜めこまれた疲労を思い知らされた気がしたのです。この日から、私の心境に変化が生まれたのです。どんなに遅くなって、疲れ切って家に帰ってももう二度と洗顔しないまま眠りこんだりしません。ちゃんとケアをして、肌のためにできることをして、シワの増加を防いで、これ以上老け顔に見えないようにしよう、と心に誓いました。

肌にシワができるのには原因があります。

何かというと、乾燥が一番であることはよく言われているようです。

部屋のエアコンの空気にさらされていたり汗をかいて、肌の保湿に関わる成分が一緒に流れて失われてしまった時などは特に気を付けましょう。

では、乾燥を防ぐにはどうするかということですが、とにかく保湿を何度でも行なうようにすることが最も重要だと考えられています。

こういう時にスプレータイプの化粧水は便利です。

持ち歩いてこまめにひと吹きすると良く、また、大量の汗をかいた後などは、すみやかに保湿を行いましょう。

冬が来ると冷えて血行が悪くなります。

血行が良くないと肌細胞に十分な栄養が届かず、新陳代謝がくずれてしまいます。

そして、肌トラブルを起こしてしまうので、とにかく血液の流れを悪くしないように心がけなければなりません。

血行が良くなれば、代謝がうまく働き、綺麗な肌をつくるようになります。美白成分に欠かせないものはたくさんありますが、特にプラセンタがシミに対して有効です。嫌なシミとなるメラニンが生じるのを抑える作用があります。そして、美肌に欠かせない成長分子を持っているため、新陳代謝を促し、古い角質とともにシミにもさよならさせてくれます。潤いの代表コラーゲンの生成をアップする効き目もあって、お肌のお手入れとしてバッチリですね。大満足の結果へとつながりそうです。

肌荒れが気になる時には、セラミドを摂取するようになさってみてください。

セラミドという物質は角質層における細胞間の水分、油分を含んでいる「細胞間脂質」です。角質層は複数層の細胞から作られていて、、このセラミドが細胞同士を糊のように結合させています。表皮の健康を保持する防護壁のような働きもあるため、足りなくなると肌荒れしてしまうのです。肌にシワができる原因は、細かく挙げれば色々なのです。しかしながら、原因の一番大きなものとされているのが、乾燥です。水分不足で、肌が乾燥してしまうことで、シワはこうやって増えていくわけです。

目尻は皮脂の分泌が少ない部分です。そのためここは皮膚が乾燥すると、その影響をすぐに受けしまい、どこよりも早く、小ジワが出てくることになります。それにまた、年齢を重ねていくことにより、皮膚の張りを保つ役割を持つ、コラーゲンやヒアルロン酸が減っていくばかりですから、こうしてシワ、たるみは発生していくわけです。テレビで芸能人の肌なんかを見たら美しくてシミなど見当たりません。

とはいえ、人間であることに変わりはありませんので、実際には、お肌に悩みがあるのです。

ご存知の通り、多くの人からの注目を浴びる仕事ですし、悩みを解決するために、他人よりもずっと必死になるのも仕方ありません。その方法に注目してみると、肌のお手入れの質がぐんとアップするかもしれません。

くすみが目立つ大きな原因として、過剰な糖分が起こす害を考えましょう。

お菓子などで糖分を摂り過ぎてしまうといくら化粧品でケアをしてもいわゆる黄ぐすみが生じることがあります。

コラーゲンが糖に反応し、その働きが弱められているのではないでしょうか。

コラーゲンと糖が結びつき、老化を進める糖化物質ができることをコラーゲンが糖化したといいます。

老化を食い止めるためにも、甘いものを食べすぎないようにしてください。

ビタミンCは美白作用があるということで、輪切りのレモンを顔に乗せて、レモン果汁とオイルでパックする方法が話題となりましたが、これはお肌に悪影響を与えます。

もう誰も使っていません。レモン果皮の成分を直接肌につけると、紫外線が当たったとき皮膚にダメージを与えます。

シミに有効な作用をレモンでねらうならば、有効なのは食べることです。出産を終えても当分の間、女性の身体は長い間に保っていたホルモンバランスが崩壊してしまうので、様々なトラブルが起こるようです。シワ、肌荒れ等の肌トラブルもよく目立つために、悩む人は多いです。

妊娠中体内で働いていた女性ホルモン、エストロゲンやプロゲステロンの分泌が出産を終えたことで急に減り、その影響で肌は水分を失いやすくなり、容易に乾燥状態になります。

そうやって乾燥し、荒れた肌は大抵敏感肌も併発しますから、出産後に肌トラブルが続く時期は、無添加、低刺激の基礎化粧品を使って他はともかく、保湿だけは忘れないようにしましょう。肌に対して、刺激や摩擦を与えるのはNGだということは重々承知の上なのですが、それでも思わず、力まかせにクレンジング剤や洗顔料を使ったり、おまけにクリームも、ぐぐっと力の加減なしに塗りたくったりしてしまいます。メイクを落とす時には、メイク汚れを浮かせるようなイメージでソフトに化粧となじませ、指の腹を使うように意識して、丁寧にソフトに行うのが大事です。念押しになりますが、とにかく脱力!を心がけ、ソフトにまあるく円を描くようにする、というのが理想的なやり方ですが、気づけばついつい力をこめてケアしてしまいがちなのです。体調が崩れやすい季節の変わり目、それから過酷な夏が終わったばかりの秋から冬にかけての時季、肌の乾燥にはとても気を付けています。ちゃんとケアしていないと、目の周りはすぐ小シワだらけになってしまうし、乾燥が進んで赤みが出たりすることもありました。

これらの危険な時期、スキンケアはかなり気をつかって丁寧に行っていますが、基本の化粧水や乳液でのケアだけでなく、とうとうオイルも使うようになり、大変気に入っています。

オイルもいろいろありますがオリーブやココナッツ、ホホバなど、天然成分の美容オイルをよく使っています。

冬になるにつれ空気は乾燥していき、それに伴って肌の潤いも奪われます。肌が乾燥してしまうと肌荒れ、シミ、シワなどといった肌トラブルの要因となるので”乾燥している”と自覚し、注意することが必要です。

乾燥による肌荒れやシミ、シワなどを防ぐためにも保湿と保水といったケアをしっかりと行うようにしてください。

冬の肌のお手入れのコツは乾燥から肌を守ることが重要です。

「肌を美しく保つ為には、喫煙は絶対にダメ!」と言う話をよく耳にしますが、それは美白も同じです。本当に美白したいのなら、喫煙はすぐに止めるべきです。

その理由として真っ先に挙げられているのが、タバコがビタミンCを破壊してしまうことです。タバコを吸ってしまうと、美白に重要なビタミンCが壊されてしまいます。虫刺されの痕をずっと掻いていたり、風邪や花粉症の症状がある時に鼻を何度もかむと、それだけで肌は薄くなるそうです。肌の外側にあって外界に接している表皮は薄い層の重なりで、引っ掻いたり擦ったりすると、薄い層はどんどん減っていくのです。

表皮は皮膚のバリアという大事な役目がありますが、これが薄くなってくるとそのすぐ下の真皮まで損傷が及ぶ可能性が大きくなってくるのです。

真皮までダメージを受けてしまうと、真皮は肌を支える力を失って、結果として肌にシワやたるみができてしまうのです。シワ対策にもいろいろありますが、簡単で人気も高いのはおそらくパックでしょう。その日一日、肌に溜まった疲れを癒すための安らぎの時間ですね。

ところでたまには自家製の即席パックを使ってみるのはいかがでしょうか。

ごく普通のプレーンヨーグルトに小麦粉をいれてパックできる固さに調節し肌に適宜のせてパック開始、すこし休みます。冷たいヨーグルトが毛穴を引き締め、また保湿効果がありますからシワにも効いてくれるのではないでしょうか。

関連記事

メニュー